診断名をどう使うのか

 お子様に何らかの診断名がついたとします。

 

 その診断名はどういうふうに使ったらいいのでしょうか?

 

 20年ほど前まで、「専門家」でも、場合によっては「お医者様」でも「自閉症」などの診断名を親御さんに言ってはいけない、という時代がありました。それはどう周囲が対応したらいいかわからないから、ということが大きな理由でした。

 

 今はそんな時代ではありません。

 対応する手立て、考え方はあります。

 

 

 では診断名をどう使えばいいのでしょうか?

 

 


 

 発達障害に関する診断名「自閉症スペクトラム」「ADHD」「学習障害」などは、「こういう時に同じような行動をする人たちがいるね」という「行動(これは発達検査なども含みます。発達検査も質問・設問に対し、どう言語行動を含めた、どういう行動をしたかをみるものですから)」をグループ分けしてつけていきます。

 逆に、診断名がつけば、そこから「一般的な特性」がわかるわけです。

 

 しかしひとりひとりにとってその現れ方は異なり、また生まれ育ったところも、興味関心なども違うので「個別の特性」というものも出てきます。これは、関わったり、インタビューしたり、過去の記録を読んだりして理解する必要があるでしょう。

 

 目の前のお子さんが、周囲の人から認められつつ

「へえっ」「ほお」「おもろいやん」

と思われている状態なら診断名なんか必要ありません。

 しかし、ご本人が、あるいは周囲の人が

 

「こまった!」

 

 と思うような事態が続くなら、診断名は大きな力になります。

 診断名から「一般的な特性」がわかります。

 そして「個別の特性」を考え、お子さんをとりまく環境、特に周囲の人たちの様子も含めて理解していきます。

 その上で「こまった!」を解決する「手立て」を考えます。

 

 この「手立て」は「何かをする」だけでなく「何もしない」も含みます。

「手立て」がうまくいけば、「こまった!」が解決し、また「へえっ」「ほお」「おもろいやん」で過ごしていけます。

 

 しかし当然うまくいかない場合もあります。

 そうすればまた

「一般的な特性」「個別の特性」「環境」を考えて「手立て」を考えます。

 

そしてうまくいけば診断名を忘れて暮らしていくこともできます。

診断名は決して仲間はずれにするためのものではありません。

 

しかし、私は仕事ですから診断名を忘れるわけにはいきません。

 

と説明してきましたが・・・

 

 私だけでなく、周囲のみなさんが、もし診断名のついている人に対する場合、いつも頭の片隅に診断名を置いておいて下さると、お子さんにしろ、成人にしろ、ご本人がより楽に暮らせるのじゃないかなあ、と考え始めています。