どんなふうにするの?

  • 現場での直接指導
    ご家庭、事業所、学校園にうかがいます
    その過程でご本人と関わることもあります

  • グループでの話し合いや指導
    親御さんグループ
    先生方のグループ
    スタッフさんたちのグループ等

  • 講演
  • その他
    お気軽にご相談下さい。

直接指導の場合の流れの一例

 

あくまでも一例であり場合によっていろいろ変化します。

なお、直接指導は1回きりでなく、週に1度、あるいは月に1度程度の頻度で4回ほど繰り返した方が理解しやすく、みなさんの身につきやすいと思います。

 


1.聴きとり

  • 何を問題(課題)と考えておられるのか
  • 生活や活動の様子
    このさい、時間の無い場合など、場合によってはアドバイスもします。

2.聴きとりに基づいて生活や授業の観察

  • その場でのアドバイスやグッズ作成
  • 実際にやってお見せする
  • (許されれば同時に)ビデオ撮影
    映像があればわかりやすくお伝えしやすいです


3.終了後の意見交換

  • 1回だけのイベントの場合は、できればその場で報告書・提案書作成

4.ビデオ分析と編集(撮影したものがあった場合)

  • 映像があると周囲の方にもわかって頂きやすく、連携がとりやすくなります

5.報告書・提案書作成

  • 文書化して説明し、理解して頂くことを大切にしています

6.次の機会があれば

  • 前回の件がどうなったかをお聞きし、上記手順を繰り返す

上にも書きましたように、直接指導は1回きりでなく、週に1度、あるいは月に1度程度の頻度で4回ほど繰り返した方が理解しやすく、みなさんの身につきやすいと思います。



大事なことは

 

  • 続けること
  • うまくいかないなら改善すること
  • 考え続けること

そうやっているうちに、お子さんの姿もより深くわかっていきます。そして、最初に考えていたこととは別の道が見つかることもあります。

こちらもご参考に

「診断名の使い方」